ディセンシア アヤナス トライアルセットの商品の特徴と使用方法

アヤナストライアルセットの全商品にコラーゲンの産生を170%アップするCVアルギネート(コラーゲン産生)とストレスバリアコンプレックスが配合されています。

また、今まで、敏感肌の化粧品は無香料が定番でしたが、アヤナスは「植物エキスによる香り立ち」を達成するために、限界まで植物エキスの配合量を高め、同時にあらゆる配合バランスをアイテムの特徴に沿って調合、ローションからクリームへと徐々に香り立ちが高まる、アヤナス独自の賦香(ふこう)設計が完成しています。

敏感肌ケア/乾燥肌ケア/エイジングケア/ストレス肌ケア
【敏感肌ケア】
・角層のバリア機能をサポートし、繊細な肌を外部刺激から守ります。
・肌内部の微弱炎症を抑制し、肌のピリピリやかゆみを改善します。
・肌の奥まで保湿しうるおいを与え、バリア機能を高めます。

【乾燥肌ケア】
・肌の奥まで保湿し、うるおいを与え、乾燥を感じない肌へ導きます。
・高い浸透力を持つセラミドが肌の奥まで浸透します。

【エイジングケア】
・肌のコラーゲン産生量を170%までアップさせ、しわ(小じわ、目元の小じわ)、たるみ(頬のたるみ、毛穴のたるみ)、ほうれい線の無い若々しい肌へ導きます。
・見た目年齢への影響が大きいとされる糖化(たるみ毛穴、肌の黄ぐすみの原因)にアプローチし、過剰な老化の進行を妨ぎます。

【ストレス肌ケア】
・タイトジャンクションの働きを活性化し、健康で美しい角層へ導きます。
・ストレスなどにより滞った血行を促進させ、肌温度を高めます。
・リラックス成分としても知られる「GABA」を真皮内で増やし、心理的ストレスによる肌荒れをケアします。

※アレルギーテスト済み (全ての方にアレルギーが起きないというわけではありません)
※合成香料不使用 (天然保湿成分 ゼラニウム ラベンダーで賦香)
※無着色

【CVアルギネート(コラーゲン産生)ポーラR&M研究所オリジナル成分。肌が自らコラーゲンを産み出す力をサポート。線維芽細胞を活性化させ、コラーゲンの産生を170%アップ。ダメージを受けた敏感肌を若々しくハリのある肌へ導きます。

アヤナスお試しセット

化粧水(アヤナス ローション コンセントレート)の特徴とご使用方法
美容液(アヤナス エッセンス コンセントレート)の特徴とご使用方法
クリーム(アヤナス クリーム コンセントレート)の特徴とご使用方法

アヤナス ローション コンセントレートの特徴とご使用方法

アヤナスローション

アヤナス ローション コンセントレートの特徴
アヤナス ローション コンセントレートは、敏感肌の原因にアプローチし、
うるおい巡る肌へと整えるディセンシア独自の処方。
美肌成分が肌のすみずみまで浸透し、豊かなハリのある肌に導く化粧液です。
ナノサイズのヒト型セラミド(保湿成分)配合で、肌内部(角層)まで潤いで満たし美しい肌を実現し、美肌成分がゆらぎやすい肌を助け、美しい肌を保つ働きをサポートします。

コウキエキス
ゆらぎの原因となる微弱炎症を抑え、美肌成分の効きやすい肌へ導きます。(抗炎症効果)

セラミドナノスフィア
高い浸透力をもつ「ヒト型セラミド」。浸透するうちにほぐれ、不足し乱れたセラミドの配列がぴったりと適合し、角層のすみずみまで潤し、肌の保水機能をサポートします。( 保湿バリア機能強化 )

CVアルギネート
ポーラR&M研究所オリジナル成分「CVアルギネート」がハリ、弾力アップに作用し、年齢に負けない若々しい肌へ導きます。(コラーゲン産生促進)

ローズマリーエキス
メラニンの元「チロシナーゼ」の生成を抑制し、くすみ予防の効果が期待できます。(透明感UPくすみ予防効果 )

パルマリン(※タイトジャンクション活性)
大西洋に生息する赤みの海藻(オゴノリ、テングサなど)である「紅藻(こうそう)」から抽出したエキス。保湿力、抗酸化力に優れ、アンチエイジング効果があるとされ、化粧品に幅広く配合しています。顆粒層(かりゅうそう)のタイトジャンクションの働きを強め、健康で美しい角層に導く力に優れています。

ジンセンX(血行促進、皮膚温上昇)
朝鮮人参の中でも効果が高い部分だけを高濃度・高精製して抽出したポーラR&M研究所オリジナル成分。血小板の凝血を防ぎ、血液の流れをスムーズにすると共に、細くなった血管を拡張する働きがあります。血行が促進され、皮膚温の上昇が期待できます。

ビルベリー葉エキス(真皮内GABA産生促進、線維芽細胞増加)
ブルーベリーに近い関係にある種の「ビルベリー」の葉から抽出したエキス。
その葉から得られる当エキスは、リラックス成分として知られる「GABA」を真皮内で増やす酵素(GAD)を産生させるほか、真皮内の線維芽細胞を増加させるとともに、
抗酸化作用にも優れています。

※タイトジャンクションとは
角層下の顆粒層(かりゅうそう)にみられる構造。
生きた細胞と細胞をつなぎ、肌の水分やカルシウムイオンの流出を防ぐ役割を持つ。
健康で美しい角層がうみだされる鍵となっています。

アヤナス ローション コンセントレートのご使用方法

アヤナスローション使用方法

■STEP.1 満たす

【使用量の目安】2〜3プッシュ

【使い方】

①1プッシュを手のひら全体で温めた後、 顔全体に優しくなじませながら香りを楽しみます。

②さらに同量を手に取り手のひら全体を使って、頬を引き上げるようにしてハンドプレスし、しっかりと浸透させます。
 
③乾燥しやすい部分には丁寧に重ねづけをしてください。

このページのtopに戻る

アヤナス エッセンス コンセントレートの特徴とご使用方法

アヤナス美容液

アヤナス エッセンス コンセントレートの特徴
アヤナス EVエッセンスは、敏感肌特有のエイジング原因にアプローチし、ハリ弾力みなぎる肌へと導くディセンシア独自の処方。
敏感肌の「見える年齢差」の原因である糖化に着目したエッセンス。肌全域での活力アップを実現しながら、最新のエイジングケアで集中的に肌を育て、美しさを呼び覚まし、上向きのハリを実感できる敏感肌にとって最強のエッセンスになりました。
アヤナス EVエッセンスは、肌全域から活力を育みながら、「たるみ毛穴」「黄ぐすみ」に徹底アプローチし、配合されている数種類の長さの違うポリマーが、つけた瞬間、様々な方向へ引き上げられるような特殊設計「クイックストレッチ処方」を採用していますので、ハリ感アップ、毛穴の改善、肌のトーンアップを実現します。

シモツケソウエキス
肌を黄色くくすませ、コラーゲンにダメージを与える糖化の原因物質「AGEs(エージーイー)」にアプローチし、コラーゲン産生を後押し、透明感とハリを高めます。(抗糖化抗酸化 )

コウキエキス、CVアルギネート、ローズマリーエキス、パルマリン、ジンセンX(血行促進、皮膚温上昇)、ビルベリー葉エキス(真皮内GABA産生促進、線維芽細胞増加)

アヤナス エッセンス コンセントレートのご使用方法

アヤナスローション使用方法

■STEP.2 育む

【使用量の目安】2〜3プッシュ

【使い方】

①1プッシュを手のひら全体で温めた後、内側から外側に向かって顔全体に優しくなじませながら、香りを楽しみます。

②さらに同量を手に取り、顔全体になじませた後、法令線やくすみやすい小鼻などをやさしくおさえます。

③最後に、手のひら全体をつかって、頬を引き上げるようにしてハンドプレスします。

このページのtopに戻る

アヤナス クリーム コンセントレートの特徴とご使用方法

アヤナスクリーム

アヤナス クリーム コンセントレート の特徴
アヤナス クリーム コンセントレート は 肌の上でまろやかにとろけて、肌のすみずみまで浸透。ゆらぎ肌を守るバリア機能と美肌成分で、ハリと弾力に満ちたしなやかな肌へ導くクリームです。
アヤナス クリーム コンセントレートは外部刺激から様々な要因によってゆらぎやすい肌を守り、美しい肌を保つ働きをサポートし、ナノサイズのヒト型セラミド(保湿成分)配合で、肌内部(角層)まで潤いで満たし、美しい肌を実現します。
美肌成分が肌のすみずみまで浸透し、内側からふっくらとしたハリ・弾力に満ちた肌へと導きます。
配合されている肌本来のバリア機能を高める特許応用技術ヴァイタサイクルヴェールが、乱れた角層をがつつみ、刺激から肌を守ると同時にすみずみまで保湿し、角層の役割を担い、正常なターンオーバーを取り戻す時間をつくります。
ゆらぎ肌には中国の南部に自生するクルミ科の植物であるコウキ葉から抽出したエキス(コウキエキス)を配合。肌荒れの原因を防止し、肌ゆらぎを徹底的に防ぎます。
ポーラR&M研究所オリジナル成分「CVアルギネート」がハリ、弾力アップに作用し、年齢に負けない若々しい肌へ導きます。

ヴァイタサイクルヴェール(セラミドナノスフィア配合)

ディセンシア独自の特許技術「ヴァイタサイクルヴェール」が、肌表面をピタりと包み、バリアを形成。外部刺激をブロックしながら、美肌成分を密閉。続けるほどにターンオーバーサイクルが整い、健やかな肌へと導きます。(角層保護・保湿)

コウキエキス、CVアルギネート、ローズマリーエキス、パルマリン、ジンセンX(血行促進、皮膚温上昇)、ビルベリー葉エキス(真皮内GABA産生促進、線維芽細胞増加)

アヤナス クリーム コンセントレート のご使用方法

アヤナスクリームの使用方法

■STEP.3 高める

【使用量の目安】大きめの真珠1粒くらい

【使い方】

①大きめの真珠一粒くらいを手のひら全体で温めた後、内側から外側に向かって顔全体に優しくなじませながら、香りを楽しみます。

②最後に、顔の丸みに沿って両手で顔全体を包み込み、頬をやさしく引き上げるようにしてなじませます。

ディセンシア アヤナス トライアルセットはコチラ
ディセンシア アヤナス 口コミと評価はコチラ
ディセンシア アヤナス トライアルセット成分はコチラ

このページのtopに戻る


アヤナストライアルセット

ディセンシア サエル トライアルセット 特徴と使用方法

ディセンシア サエルシリーズは敏感肌のための美白ケア。このページでは、ラメラ構造に着目した敏感肌ケアと美白ケアを両立させたサエルトライアルセットの各商品の特徴とご使用方法を紹介します。

サエル ホワイトニング ローション クリアリスト特徴と使用方法

サエル ホワイトニング エッセンス クリアリスト特徴と使用方法

サエル ホワイトニング クリーム クリアリスト特徴と使用方法

サエル ホワイトニング ローション クリアリスト

サエル ホワイトニング ローション クリアリスト

サエル ホワイトニング ローション クリアリストの特徴

サエル ホワイトニング ローション クリアリストは、美白しながら強く美しい角層へ導く薬用美白化粧液です。

・敏感肌に不足しがちなセラミドの産生をサポートし、内側から輝く透明感をもたらします。
セラミド生産促進:『白様雪R』:細胞間脂質のラメラ構造を特に強化するといわれる「アシルセラミド」は分子が長く、層を貫いています。このアシルセラミドの産生に必要な酵素を活性化し、乱れたセラミドの配列を整えて強化する「白様雪R」を配合することで、キメの整った透明感のある肌に導きます。

・肌内部にある5種類の必須アミノ酸を厳選して複合化した「アミノコンプレックス」を配合することで、角層細胞ひとつひとつにダイレクトにうるおいを補給します。

・浸透性保湿成分を配合することで、美白成分が瞬時に肌のすみずみまで浸透します。その後、なじませた瞬間から速攻透明感が溢れ出します。
浸透性保湿成分:水にも油にもなじみやすい性質をもつ浸透性保湿成分「ウォータリーモイスチャー」を配合。つけた瞬間に肌に浸透し、みずみずしくなじみながら、しっとりした柔らかな肌触りが実現しました。美白成分を素早く肌のすみずみまで届ける新処方です。

サエル ホワイトニング ローション クリアリストのご使用方法

1.洗顔後すぐに適量(100円玉大)を手のひらで温めてから顔全体に広げ、3秒間ほど頬を包み込んでなじませます。

2.次に両中指を目頭にあて、手のひらで鼻筋、口もとを包みます。

3.さらに同量を重ねづけし、額とあごに3秒間ほど密着させ、最後に親指以外の4本の指で目もとになじませます。
※乾燥が気になる部分には丁寧に重ねづけしてください。

このページのtopに戻る

サエル ホワイトニング エッセンス クリアリスト

サエル ホワイトニング エッセンス クリアリスト

サエル ホワイトニング エッセンス クリアリストの特徴

サエル ホワイトニング エッセンス クリアリストで手に入れるのは、陰り一つない透明感。敏感肌特有のシミ・くすみに徹底対応した薬用美白エッセンス。

・シミを目立たせてしまう敏感肌特有の「くすみの3原色」に対応。シミと同時に顔全体のくすみも取り去り、「未体験の白」を実現。

・メラニンを「黒くしない」「作らせない」のダブルアプローチ。オリジナル複合美白処方「ダブルメラノブロッカー処方」で一点のシミに対し、より強力なアプローチを発揮。

・肌に素早くなじむ「浸透性保湿成分」、後肌を柔らかく「柔肌保湿成分」、後肌をつるつるにしてくれる「整肌保湿成分」の性質の違う3種の保湿成分をバランスよく配合。浸透の高さと、後肌の柔軟・均一性を両立した「トリプルモイスチャー処方」採用。

サエル ホワイトニング エッセンス クリアリストのご使用方法

1.ローションの後、適量(1プッシュ)を手のひら全体に伸ばしながら温めます。

2.頬の内側から外側に向かって肌をこすらないように顔全体にやさしくなじませます。

3.次に両中指を目頭にあて、手のひらを鼻筋、口元に沿わせるように包み込み、3秒間ほどなじませます。

4.さらに1プッシュを手のひらに取り顔全体に重ねづけした後、シミができやすい頬の高い部分(メラノゾーン)を中心に軽くおさえ、3秒間ほどなじませます。

5.最後に親指以外の4本の指でくすみやすい両目部分をケアをしてから、こめかみ部分をプッシュします。

6.首元をケアする際は、さらに1プッシュ手のひらに出し、両手で温めてから、やさしくなじませてください。

このページのtopに戻る

サエル ホワイトニング クリーム クリアリスト

saeruc

サエル ホワイトニング クリーム クリアリストの特徴

サエル ホワイトニング クリーム クリアリストは水が溢れ出すように浸透し、内側から冴えわたるような透明感へ導く薬用美白クリームです。

・ディセンシア独自の特許応用技術「ヴァイタサイクルヴェール®」で、保湿しながら全ての成分を浸透させ、密閉。有効成分を逃さず、寝ている間に肌の奥でじっくり美白します。
ヴァイタサイクルヴェール®:「肌荒れの原因となる外部刺激を受けなければ、敏感肌は美しくいられる」。そのことに着目して、ディセンシア特許応用技術「ヴァイタサイクルヴェール®」は、肌をしっかりと膜で覆って外部刺激をブロックし、皮膚内の水分を保持する保湿成分・セラミドで角層をうるおし、整えます。肌はやがて本来のバリア機能を取り戻し、揺らぎのない冴えわたる透明肌へ生まれ変わります。

・肌機能を低下させる「酸化」を食い止め、ダメージをリセット。肌修復を徹底サポートします。
酸化を防ぐ2つの成分:高い抗酸化力をもつ「ムラサキシキブエキス」が、酸化による肌機能の低下を抑え、抗炎症作用のある「コウキエキス」が敏感肌特有の過剰なメラニンの生成や炎症を抑制。肌が修復して生まれ変わる夜に、美白を効かせる肌づくりをサポートします。

・高い保湿力でありながら、水が溢れ出るようなみずみずしいテクスチャー(ウォータリーキャッチ処方)を採用しました。
ディセンシア独自のウォータリーキャッチ処方:クリームに含む水分量を、従来よりも大幅にアップさせることに成功しました。それにより、高い保湿力がありながらも、肌に伸ばした途端、まるで水が溢れ出るようにみずみずく浸透する、新感覚のテクスチャーが実現しました。
※肌の乾燥が気になる場合は、朝、ローションとデイミルクの間にご使用下さい。

サエル ホワイトニング クリーム クリアリストのご使用方法

1.適量(大きめの真珠1粒くらい)を手のひらにとり、温めてから頬の中心からこめかみに向かってなじませます。

2.フェイスラインは引き上げるように、額は中心からこめかみに向かってなじませます。

3.その後、親指以外の4本の指で両目もと部分をケアしてからこめかみをプッシュ。

4.仕上げに顔全体を手のひらで包み、密着させます。

ディセンシア サエル トライアルセットはコチラ
ディセンシア サエル 成分はこちら
ディセンシア サエル 口コミと評価はこちら

このページのtopに戻る



ディセンシアつつむトライアルセット 特徴と使用方法

ディセンシアつつむシリーズは敏感肌のためのベイシックケア。このページでは、スキンケアの基本となるつつむシリーズの各商品の特徴とご使用方法を紹介します。
 
つつむ ジェントル クレンジング
つつむ ジェントル ウォッシュ
つつむ ローションセラム E
つつむ フェイスクリーム
 

つつむジェントル クレンジング

つつむ ジェントル クレンジングの特徴

1.摩擦を与えない
「つつむ ジェントル クレンジング」は、コシと弾力のあるクリームタイプ。指先と肌のクッションとなり、乾燥性敏感肌への大きな刺激となる摩擦を避けます。

2.落としすぎを防ぐ
汚れとなじむとテクスチャーがオイル状へと変化。指先の感触がふっと軽くなったら、洗い流すタイミングだとわかるので、洗いすぎて必要な皮脂まで奪ってしまうのを防ぎます。
※お肌のうるおいを保つため、ディセンシアではクレンジングの「6回すすぎ」をおすすめしています。

3.スキンケア発想
角層保護成分クパス(テオブロマグランジフロルムの種子から抽出した天然油)を配合。汚れを落とすだけでなく、お肌をしっとりと保つことにもこだわりました。

つつむジェントル クレンジングのご使用方法
※つつむジェントル クレンジングはメークをした日の夜にご使用ください。

1.ポイントメークを落とす場合、コットンにあずき一粒くらいをとって伸ばし、マスカラ等のポイントメークにしばらく馴染ませます。

2.コットンを滑らせるようにしてマスカラ等のポイントメークを拭います。
(この時点で完全にマスカラ等のポイントメークが落ちていなくても大丈夫です。ハードメークの方は(1)と(2)をもう一度繰り返してください。)

3.さくらんぼ1個分をチューブから出し、指の腹全体に広げます。

4.顔全体にクリームを広げ、クルクルとらせんを描くようにやさしく馴染ませます。

5.メーク汚れとクリームが馴染んでフッと軽くなり、オイル状に変化したらぬるま湯で洗い流します。

6.洗い流す回数は5~6回で、お肌にうるおいが残る程度が適度です。

このページのtopに戻る

つつむ ジェントル ウォッシュ

つつむ ジェントル ウォッシュの特徴

1.摩擦を与えない
「つつむ ジェントル ウォッシュ」でつくったキメ細かいホイップクリームのような泡が、指先と肌の間のクッションとなり、乾燥性敏感肌への大きな刺激となる摩擦を避けます。

2.落としすぎを防ぐ
泡立てる手間が少ない洗顔フォームは、適量より多く使ってしまい必要な皮脂まで落とすことが多いため、ディセンシアでは石けんでの洗顔にこだわりました。泡立てるというひと手間をかけることで、落としすぎを防ぎます。

3.スキンケア発想
角質保護成分クパス(テオブロマグランジフロルムの種子から抽出した天然油)を配合。汚れを落とすだけでなく、お肌をしっとりと保つことにもこだわりました。

つつむ ジェントル ウォッシュのご使用方法

1.顔と石けん、洗顔ネットをぬるま湯で軽くぬらします。

2.石けんを手で5~6回転がします。

3.手についた石けん分を洗顔ネットに移します。

4.洗顔ネットを揉むように10回擦り合わせます。

5.ぬるま湯を洗顔ネットに数滴垂らします。

(4)を繰り返します。

6.洗顔ネットから泡を搾り取り、顔全体を泡で包み込むようにやさしく丁寧に洗います。

7.すすぎはぬるま湯で十分におこなってください。

8.洗顔後は時間を置かずに化粧液をつけてください。

このページのtopに戻る

つつむ ローションセラム E

つつむ ローションセラム Eの特徴

1.ナノサイズのセラミドが不足した部分に浸透
敏感な肌に不足しがちな肌の必須うるおい成分「セラミド」。ディセンシアでは独自の技術でナノカプセル化に成功。うるおいが不足した部分にパズルのようにはまり、効率的にうるおいを届けます。

2.5種の必須アミノ酸が角層細胞にアプローチ
敏感肌に不足しがちなNMFの約40%もの割合を占めるアミノ酸。
ローションセラムは肌に無数にあるアミノ酸の中から必要な5種類を厳選し、高配合しています。

3.与えた潤いはプール成分で閉じ込める
ポーラR&M研究所オリジナル成分「エモリエントプール成分」が肌の表面に留まるから一度与えた潤いを閉じ込め、蒸散させません。

つつむ ローションセラム Eのご使用方法

1.朝夜、洗顔後、適量(ディスペンサーを1~2回おした量)を手のひらに出し、のばして温めます。

2.ほおの広い面から両手のひらで覆い、3秒ほどほおをつつみこみ、やさしくなじませます。次に、両中指を目頭にあて、手のひらを鼻筋、口元に沿わせるようにつつみこみ3秒間なじませます。やさしく手のひらで密着させることで、摩擦を防ぎ、かつローションの浸透を高めます。

3.そして、半~1プッシュ分を手のひらに追加し、おでことあごを3秒間つつみこみます。

4.最後に、指の腹で両目部分をつつみこみ、乾燥しやすいアイゾーンをケアします。

※乾燥が気になる部分には、丁寧に重ねづけを。
※手が肌に吸いつくようになるまでなじませるのがポイントです。

このページのtopに戻る

つつむ フェイスクリーム

つつむ フェイスクリームの特徴

1.バリア機能で刺激・水分蒸散を防ぐ
肌表面をぴったりと覆うバリアを形成。水分蒸散を防ぎながら、ほこりや乾燥などの外部刺激から徹底的に肌を守ります。

2.ヒト型ナノセラミドで浸透保湿
ナノサイズのヒト型セラミドが隙間だらけになった角層のすみずみまで浸透し、保水機能を高めます。

3.純度や安全性に加え、効果的な成分を厳選して配合
ベントナイト:板状構造で肌に密着するヴェールとなり外部刺激をブロック。このベントナイトに有効成分を配合することでバリア機能と保湿効果を高め、使い続けることで肌荒れの繰り返しに歯止めをかけます。
セラミドナノエマルジョン:分子が大きく浸透しにくいヒト型セラミドを、ナノエマルション化することで肌への浸透効率を高めることに成功しました。肌内部のセラミドに近い、純度の高いヒト型セラミドで角層の奥までうるおします。

つつむ フェイスクリームのご使用方法

1.適量(真珠一粒くらい)のクリームを手のひらにとりやさしく伸ばします。

2.頬や目元など乾燥が気になる部位を手のひらでつつむように押さえ、クリームを浸透させます。

3.残った手のひらのクリームを、Tゾーンなどの残りの部位にやさしく伸ばします。

※洗顔後本商品のみでもお使いいただけます。
※お肌の状態に合わせて、特に乾燥を感じる部分には多めになじませるなど、使用量や使用部位は調整してください。
※メークの前には、本商品の使用量をやや控えめにし、使用後数分おいてからメークしてください。

ディセンシア つつむ トライアルセットはコチラ
ディセンシア つつむ 口コミはコチラ
ディセンシア つつむ トライアルセット 成分はこちら

このページのtopに戻る

ディセンシア「つつむ トライアルセット」

FX